Buy Bitcoin

ビットコインを生み出す採掘(マイニング)

ビットコインを生み出す採掘(マイニング)

ビットコインの取引は、ビットコインが始まってから今日に至る全てが公開されているとお話ししましたが、全ての取引履歴公開される、つまりビットコインは巨大な取引台帳なのです。また、そこに記載されている全ての取引履歴の正確性は、マイナーのマイニングによって確認されているわけです。

今回は、ビットコインの理解をもう一歩進めるために、「マイニング」について理解を深めていきましょう。

マイニング(採掘)とは?

今、この瞬間も世界中でビットコインが取引されています。その取引は、取引履歴としてビットコインの取引台帳に追記されていきます。追記処理をするには、各取引の正確性(成りすましの有無、改ざんの有無)の確認とともに、ネットワーク上に分散された取引台帳のデータと、追記すべき取引データの整合性を確認した上で、取引台帳へ記載していきます。

これら一連の作業をマイニング(採掘)と呼び、追記は一定期間(10分ごと)に繰り返し行われます。世界中の取引台帳となり、ビットコインの二十使用を防ぐ意味でも、この作業の重要性はご理解いただけるでしょう。

マイニングには膨大な計算が必要!

マイニングには、分散されて共有される取引台帳の大きさに加えて、追加すべき世界中の取引データを扱いますから、その計算処理は膨大になることは想像に難しくありません。中央管理されていないビットコインネットワークでは、一箇所でこの計算をするわけではありません。マイニングに参加する世界中のマイナーが持つ分散されたコンピュータリソースにより、計算します。

今この瞬間もまた、マイナーによって世界中で膨大な計算がなされていると考えると本当にとてつもない作業であることはご理解いただけると思います。

マイニングはビットコインが新規発行される瞬間

しかし、マイナーはなぜ、自分のコンピューターリソースを確保してまでこの膨大な計算に参加するのか?

実はマイニングの見返りとして、ビットコインが支払われる仕組みになっているのです。これは誰かが払うわけではなく、通貨としてのビットコインが自動的に新規発行され、マイナーに報酬として支払われるのです。

つまり、マイナーはビットコインを得るという利己的な目的ながらも、ビットコインネットワークの健全性を維持することと同義となっていることが、ビットコインが安全に、また安定的に発展していけるキモとも言えるでしょう。サトシ・ナカモトはこのような利害メカニズムをビットコインの全体設計に組み入れたのです。

ビットコインの発行量は予めプログラムされている

しかし、ここで一つの疑問が生まれます。
マイニングに参加すればビットコインが発行され続けるとどうなるのか?

法定通貨では、国が発行する通貨量を管理することで、インフレ・デフレなどをコントールします。中央管理者がいないビットコインでは、マイナーが増え、マイニングされ続ければ価値が下がってしまいかねません。

実は、ビットコインは価値の陳腐化を防ぐために、通貨発行量を当初からプログラム上で決め、それを完全にオープンにしています。公開された2009年から約4年毎にその発行量が半減し、2033年には合計2,100万ビットコインを上限に達することが最初から決められているのです。

サトシ・ナカモトは実に巧妙にビットコインを設計し、ビットコインの暴落を防ぐ自律的な仕組みを作り出したのです。

マイニングはもはや素人は手を出せない領域に突入

マイニングはもはや素人は手を出せない領域に突入

時間とともに、一定量しか発行されないビットコインに対し、マイニングに参加するマイナーの数が増えればどうなるか?そうです、マイナー一人あたりの新規発掘が困難になるという構造です。つまり、より高性能なCPUマシンを使用して他人よりも早く計算処理し、我先にビットコインを得ようと競争の流れになることは必至です。

このようなマイニングにおける競争環境は、PCのスペック競争を生んでいます。

当初は普通のPCでもマイニングに参加できたものの、複数GPUのマルチタスク、並列処理、今ではASICと呼ばれるマイニング専用のハイパワーマシンに移行。それとともに当然、消費電力も爆発的に上昇し、もはや先進国では電気代がバカにならず、元が取れない事態になっています。

今ではマイニングの主役は電気代の安いインドネシアや、南米のパラグアイに巨大なマイニング工場に移行。もはや素人が手を出せない領域になっているのです。

以下の記事ではマイニング競争がいかに厳しいかを物語る興味深い記事です。興味のある方は参考にしてみてください。

参考記事:Bitcoinマイニングはまさに軍拡競争、素人お断りの現状とは?(Gigazine)

BTCAGEの更新情報や勉強会の情報を受け取る

友だち追加
ビットコイン セミナー
Bitcoin チャート ツール
BTC1000のLINE@
ビットコインを購入する、買う
ビットコインを使う
ビットコイン投資