Bitcoin Basics

仮想通貨 ビットコインとは?- 注目される理由

仮想通貨 暗号通貨 ビットコインとは?

遠い存在だったビットコインが身近に

ビットコインといえば、2014年のMt.Goxの破綻事件といったネガティブな報道を思い浮かべる方も多いかもしれません。その後、一旦急激な下落を経験したビットコインは、最近になって高値を更新するなど、その勢いは衰えることを知りません。

ビットコインは、これまで天才的なIT技術者が普及を先導したこともあり、現金をビットコインに交換したり、ビットコインに投資する人の中心は、ITリテラシーの高い人々でした。

しかし、ビックカメラがビットコインでの支払い受付を開始したりと、身近なところにまで及ぶようになってきています。一般社会の普通のビジネスパーソンからすると遠い存在だったビットコインが、いつの間にかすぐそこにまで浸透してきているのです。

最近、耳に入るようになった「ビットコイン」。今更聞けないビットコインの仕組みや成り立ちについて、非IT系ビジネスパーソンの方がビットコインを少しでも理解できるよう解説します。

ビットコインとは?

仮想通貨 暗号通貨 ビットコインとは?

ビットコインは「仮想通貨」と言われ、現物のコインや紙幣が存在しない、インターネット上に存在する、文字通り「仮想」の「通貨」です。

これを聞くと、電子マネーや様々なポイントの一種?と思い浮かべる人もいるかもしれません。しかし、電子マネーと決定的に違う点があります。

Suicaなどの電子マネーは、カードやアプリといった媒体を通じて物が買えます。ビットコインも同様に決済に使われますので機能的には同じですが、電子マネーはあくまでも”円”や”ドル”といったお金を電子的に記録(チャージ)し、現物のお金の代わりに決済に利用します。

ビットコインは、上記の説明でいう「現物のお金」でありながらも、「通貨」に該当します。仮想であるものの「通貨」なのです。ですから、ビットコインで買い物をしようと思った場合には、日本円やドルを「ビットコイン」に両替して初めて買い物ができるのです。

ビットコインの特徴 – 何がすごいのか?

仮想通貨 暗号通貨 ビットコインとは?

ビットコインは円やドルに代わる、仮想の通貨。では、円やドルと何が違うのか?別にビットコインに両替する必要性を感じない?なぜ、そこまで注目を浴びるのか?

どんどんわからない点が出てくるかもしれません。

このように、ビットコインがなぜそんなに騒がれるのかイマイチわからない、という方のため、ビットコインと円やドルのような法定通貨との違いに着目して話を進めていきましょう。そして、この違いこそがビットコインが注目を浴びる理由でもあるのです。

1. 中央銀行が管理しない

私たちが使う円は、中央銀行である日本銀行が発行し、銀行を通じて流通しています。それに対してビットコインは中央集権的な管理者は存在しません。

これを聞いて、「管理者がいない通貨など信用できない。」という人もいるでしょう。しかし、中央銀行が管理していれば私たちのお金は本当に安全なのでしょうか?また、通貨の信用は国の信用でもあります。私たちは国を本当に信用できるでしょうか?

日本では、銀行が破綻したとしても1000万円までの預金なら保護(ペイオフ)されたりと、金融行政が発展し、制度も安定しています。しかし、世界に目を移すと、記憶に新しいギリシャの財政破綻のように、決して政府を信用できると言い切れる人は少ないでしょう。

財政破綻までいかなくても、目の前の銀行でも行員による横領事件は昔からなくなりません。いかに法律や周辺制度が発展した中央集権的な管理においても、属人的であるが故、ミスは無くなりません。つまり、私たちのお金が絶対安全だとは言えないのです。

では、中央集権的な管理が行われないビットコインの信頼性はどのように確保されているのでしょうか?

ビットコインは、一連のルールがプログラム化された分散型コンピューティングによって、取引に嘘がないことを保証する決済システムです。この点についてはビットコインの仕組みで詳しく説明するとして、ここではネットワークに参加する全員が管理者として取引を監視し、その正確性を保証すると理解しておきましょう。

つまり、この点が企業が管理する電子マネーや、銀行や政府が担保する通貨と決定的に異なる点です。これは、中央集権的な管理方式とは180度異なり、根本の思想からして違うのです。

2. 匿名性の確保

言うまでもなく銀行口座の開設やクレジットカードを発行してもらうには、法的な身分証明書を提出し、会社側は厳格な本人確認をします。特にクレジットカードはアイデンティティの代わりとして使用されますので、住所や電話番号、さらに購買履歴などが集約されています。中央管理されているがため、その情報がハッキングの攻撃対象となるわけです。

しかし、ビットコインはウォレットと呼ばれるアプリケーションをスマホやPCにインストールするだけで、すぐに使えます。ここに本人確認書類の提出は皆無です。

3. 取引のオープン性

一方で、2009年から始まったビットコインの世界中の取引機能は全てオープンに公開されており、誰でも閲覧することが可能です。

匿名性の確保と取引のオープン性は、一見矛盾するかのように見えますが、ビットコインでは本人確認と取引の認証は分離されているのです。そのため取引情報は全て公開されても、どこの誰がその取引を行ったのかは基本的にはわからず、特定の個人と紐づくことはありません。ブロックチェーンのどこを探しても、個人情報は存在しないのです。

このプライバシーが確保されつつも、取引のオープン性と正確性の保証の両立こそがビットコイン(ブロックチェーン技術)の核となるコンセプトの一つと言えるでしょう。

4. 高度なセキュリティ

全ての取引記録が公開されているとなると、ハッキングなどの対象になるではないか?と心配する人もいるのではないでしょうか?

大丈夫です、ハッキングされ、ビットコインが盗まれたり書き換えられたりする、または誰かがあなたに成りすまして悪さをすることは不可能です。

ビットコインには秘密鍵と公開鍵から成る公開鍵基盤(PKI; Public Key Infrastructure)と呼ばれる高度な暗号技術が備わっています。あなたが、友人に送金した記録は途中で改ざんされることもなければ、仮にされたとしてもそれは直ぐにわかるようになっており、取引そのものが否認されます。

また、取引記録を書き変えようとしても、どこかの一箇所を攻撃すればいいというわけではありません。分散されているが故、世界中の参加者のコンピュータでカバーされてしまいます。

仮に、どこかで改ざんされたとしても恒久的に記録されてきた取引記録と整合性がとれなくなりますのですぐにわかります。つまり、ビットコインは、仕組み上、改ざんが不可能ということです。


余談ですが、日本ではビットコインは「仮想通貨」と呼ばれます。しかし、海外では「暗号通貨」と呼ばれることに気付いた人もいるかもしれません。それはビットコイン自体に強度な暗号技術が組み込まれているためです。暗号の”Crypto”と通貨の”currency”から”Cryptocurrency(暗号通貨)”と呼ばれるのです。


ビットコインを発明したのは日本人?

仮想通貨 暗号通貨 ビットコインとは?

分散され、プライバシーが保護され、取引記録がオープンで、改ざん不可能なビットコイン。これまでの思想を超えた、新しい仮想通貨であるビットコインを最初に考え付いたのは天才は誰かと気になりませんか?

リーマンショック後、世界的な金融危機が起こった2008年、あるメーリングリストに一つの論文が発表されました。そこに書かれていたのは、P2P方式の新しい電子通貨システムであり、その発信者が日本人名のサトシ・ナカモトを名乗る謎の人物だったのです。

サトシ・ナカモトはビットコインの実現に多大な貢献をしつつも、誰もその姿を見たものはいません。また、2011年以来、彼は一切発信をやめ、表舞台からは消えています。(2016年、WIRED誌がサトシ・ナカモトではないかと思われる人物を推測した記事を発表しています。※1)

謎の人物、サトシ・ナカモトは誰だか今でもはっきりとしませんが、サトシのアイデアが種となり、世界中のエンジニア達を興奮させ、ビットコインが誕生し、その勢いを止められなくなっています。さらに今では、これまで作り上げられてきた金融システムやビジネス基盤を根底から覆そうとしているのです。

世界を根底から変える可能性を持つビットコインの旅は、まだ始まったばかりです。


BTCAGEの更新情報や勉強会の情報を受け取る

友だち追加
ビットコイン セミナー
Bitcoin チャート ツール
BTC1000のLINE@
ビットコインを購入する、買う
ビットコインを使う
ビットコイン投資