Bitcoin Basics

ブロックチェーンとは? – ビットコインの基幹技術

ブロックチェーンとは

ビットコインの仕組み」について、ここまで読み進めてきた方は実はブロックチェーンの大半のことは理解していると言っていいでしょう。

ビットコインの基幹技術がブロックチェーン

ビットコインとブロックチェーンがしばしば混同され、もしくは同じ意味で使われていますが、ブロックチェーンはビットコインの基幹技術であり、ブロックチェーン技術の優位性を発揮したアプリケーションがP2P決済基盤であるビットコインと言えるからです。

仮想通貨 ビットコインとは?- 注目される理由」であげた特徴は、そのままブロックチェーン技術の特徴でもあるのです。

地球規模で共有される取引台帳

では、おさらいの意味も含め、これまでビットコインの特徴を元にブロックチェーンの特徴を整理していきましょう。

ブロックチェーンは、一言で言えば取引台帳のようなもの。この取引台帳は、中央管理者が不要で分散されています。そして過去に遡り、全ての取引記録は公開され、誰でも閲覧することができます。

ブロックチェーンでは、データは一定時間で更新され(ビットコインの場合は10分に一度)、新規にブロックが生成されます。このブロックには、以前の取引記録のダイジェストが含まれ矛盾があれば正当な記録とは認められません。

また、ブロックチェーンには高度なセキュリティが備わっており、記録の改ざんは不可能。参加者が不特定多数の上、参加者のシステムに分散されているため、一箇所を改ざんしてもそれは否認されてしまいます。ブロックチェーンの根幹でPKI(公開鍵暗号基盤)を活用しているため、記録の信頼性が高いのです。

これまで、いつ、どのような取引があったのか、開始時点から全てが改ざん不能な形で記録されている台帳こそがブロックチェーンであり、これは恒久的に保存されるのです。

ブロックチェーンの対象は、あらゆる「記録」

ビットコインを中心に語られがちなブロックチェーン。ビットコイン以外に取引台帳がなぜ、そこまですごい、と言えるのでしょうか?

これが、とんでもない可能性が秘めているのです。恒久的に、安全に、信頼性の高い記録が保証されるブロックチェーンの活用はビットコインだけではありません。

医療記録、不動産の権利、契約、金融、食品のトレーサビリティなど、信頼が要求される記録にはブロックチェーンが活用できると言っていいでしょう。

ブロックチェーンとは何か?

これを一言でいうなら、「分散された信頼の取引台帳システム」と言えます。

日本のような個人の権利が保証されている国、かつ技術やインフラが発展した先進国であれば、これらのシステムは他の技術を使っても実現は可能です。しかし、個人の権利がないがしろにされ、政府でさえ信頼できない国は多いのです。

システム構築に大きな投資を必要とせず、管理者に縛られることなく、上記に挙げたシステムが実現可能になる技術がブロックチェーンであり、だからこそ社会を根底から変える可能性があると言われているわけです。

ブロックチェーンが浸透する未来の姿

これまで私たちは、情報がインターネット化されることで大きな変化を遂げました。ソ連崩壊のきっかけともなった「ペレストロイカ」や「プラハの春」のように情報が公開されることで、民主化されることで社会がガラリと変わった国もあります。

その流れで言えば、ビットコインは「お金のインターネット化」とも言える現象で、これこそがブロックチェーンの真の波及効果と言えるのです。

ブロックチェーンとビットコインによるお金のインターネット化はまだ始まったばかりです。今後、様々な分野でブロックチェーンが適用されていくに従い、私たちは、大きな変化を経験するでしょう。その時の変化はある人にとっては驚異かもしれません。しかし、大半の人にはチャンスをもたらす大きな変化なはずです。

私たちは、そのトレンドを見逃すことなく、良い方向へと持っていきたいものです。

BTCAGEの更新情報や勉強会の情報を受け取る

友だち追加
ビットコイン セミナー
Bitcoin チャート ツール
BTC1000のLINE@
ビットコインを購入する、買う
ビットコインを使う
ビットコイン投資