Buy bitcoin

ビットコイン取引所一覧・比較

ビットコイン購入方法でも、お話ししましたがビットコインを得るためには、取引所を経由するのが最も一般的です。
ここでは数ある取引所の一覧を、特徴を交えながら比較していきます。

各取引所の違いとは?

近年、日本でも取引所は多数設置されてきました。その数は、今なお増え続けていると言えます。しかしながら、世界には日本と比較にならないくらいの取引所があり、流通量に関しても各取引所によって全く違ってくるわけです。

では同じ取引所でも、大きく何が違うのでしょう?

取引方法など細かい部分をいえばキリがありませんが、大きな特徴の差は「取扱ってる通貨」と「売買手数料」でしょう。
更に、そこに加えて「安全性」というものが重要なポイントになります。

一般的な考え方では、ビットコインの流通量が今現在では圧倒的に世界でも多いわけですが、アルトコイン、すなわちビットコイン以外のコインも数百とあり、それらの流通も日々行われています。

勘の良い方は察すると思いますが、そこには大きなビジネスチャンスを秘めています。

いわゆるデイトレードというものです。

何かの通貨が上がれば、何かの通貨が下がるというのは、暗号通貨の中ではもはや常識的な考えとなってきましたが、その指標となるコインをより多く扱っている取引所は、やはり人気があり、流通量も大きくなります。

  • デイトレードやビットコイン投資について詳しくは→こちら

更に、そのトレード(取引)にかかる手数料も、頻繁にトレードするのであればするほど、安く抑えたいのは当たり前の考えになります。

このように、世界にある取引所はビットコインを得るためだけが目的ではなく、各利用者によって、その意味合いは全く異なってくるわけです。

国内取引所一覧

早速、特徴を交えて各取引所を見ていきましょう。まずは日本国内で稼働している取引所にフォーカスします。
国内の取引所の最大のメリットは、何と言っても日本語対応であること。海外版では英語表記のため、慣れないうちは操作を難しく感じますが、国内取引所はこういったストレスからは無縁です。


bit Flyer

言わずと知れたビットフライヤー。
国内トップクラスの資金力を要し、その安定性や信用度から国内取引量NO.1のビットコイン取引所です。設立は2014年になり、三菱UFJキャピタルやリクルート、さらにはGMOなど名だたる企業が株主として参加しています。

  • 提携銀行:三井住友銀行
  • ビットコイン売買手数料:0.01~0.15%
  • ビットコイン出金手数料:0.0005BTC
  • 日本円出金手数料:216円~756円
  • 取扱通貨:BitcoinEthereum

Coin check

2014年8月にビットコイン事業に進出。元は累計100万部の「ビリギャル」を産んだSTORYS.JPというWEBメディアを運営していた企業です。ビットコイン以外にも様々な仮想通貨の販売所サービスを提供しています。更にビットコイン売買手数料はなんと無料という特徴を持ちます。

その他にもビットコイン決済が可能なcoincheck paymentの運営も行っていて、今国内でもっとも伸びている取引所と言えます。

  • 提携銀行:住友SBIネット銀行
  • ビットコイン売買手数料:0%
  • ビットコイン出金手数料:0.0005BTC
  • 日本円出金手数料:400円~756円
  • 取扱通貨:Bitcoin、Ethereum、Ether Classic、Lisk、Factom、Monero、Augur、Ripple、Zcash、NEM、Litecoin、DASH

Zaif

2014年6月に設立。運営会社はテックビューロ株式会社という名の企業で、元はビットコインのウォレットサービスなどの提供が主でした。2015年3月に取引所サービスを開始し、莫大な資金調達にも成功しています。目玉はなんといってもマイナス手数料。利用者が取引を行えば手数料をもらえるという斬新なシステムを導入しています。

  • 提携銀行:住友SBIネット銀行
  • ビットコイン売買手数料:-0.01%
  • ビットコイン出金手数料:0.0005BTC
  • 日本円出金手数料:350円~756円
  • 取扱通貨:Bitcoin、NEM、MONACOIN、Counterparty、Bitcrystals、Storjcoin X

bit bank

2014年5月設立。ビットバンクでは最大レバレッジ20倍という業界では新しいビットコインのFXトレードができる取引所です。リスク管理をしっかりすれば、小さな資金を効率的に増やすことを可能としているサービスです。また、2017年3月には自社でbitbank.ccという取引所を開設しました。今後の展開が楽しみな企業です。

  • 提携銀行:住友SBIネット銀行
  • ビットコイン売買手数料:-0.05~0.05
  • ビットコイン出金手数料:0.0005BTC
  • 日本円出金手数料:324円~756円
  • 取扱通貨:Bitcoin

BTC BOX

2014年3月に設立。現存する国内取引所の中では最も歴史があり、2年以上サーバーダウンゼロという安定した取引を続けています。またBTCBOXでは、日本版と海外版と二つの取引所を設け、各々に違ったサービスを展開しています。

  • 提携銀行:住友SBIネット銀行、ゆうちょ銀行
  • ビットコイン売買手数料:0.2%
  • ビットコイン出金手数料:0.001BTC
  • 日本円出金手数料:0.5%
  • 取扱通貨:Bitcoin

kraken

2011年7月にアメリカで設立。日本の市場に進出してきたのは2014年10月です。KRAKENは出来高と流動性で世界一のユーロ市場となります。さらにカナダドル、米ドル、イギリスポンド、日本円での取引が可能なビットコイン取引所です。またセキュリティ面に強く、世界的に信頼性の高い取引所の一つです。

  • 提携銀行:住友住友銀行
  • ビットコイン売買手数料:-0.1~0.26%(成行)  0~0.16%(指値)
  • ビットコイン出金手数料:0.0005BTC
  • 日本円出金手数料:400円~756円
  • 取扱通貨:Bitcoin

 

海外取引所一覧

日本を飛び出せば、数多くの取引所が様々な特徴を駆使して鬩ぎ合っています。
暗号通貨の波は予想より早く、そして大きな波となって世界に押し寄せているわけですが、それに負けじと取引所も大きく、そしてスピーディーに進化しています。
さて、世界の人々はどのような取引所を利用しているのか見てみましょう。ここでは、代表的な取引所をご紹介します。


POLONIEX

世界最大級の取引所のポロニエックスです。設立は2014年1月、アメリカ合衆国で誕生しています。1日の取引量は17000BTC以上という桁外れの取引量を誇ります。
これは逆をいうと、それだけ売買が成立しやすいため安定性が非常に高いということです。
更に、ビットコイン、イーサリアム、リップルなど代表的なものは勿論、全64種類のアルトコインを扱っているなど利用者が多いのも納得の理由ですが、ここ最近、出金トラブルなどが相次ぎ、残念ながら信用をなくしているのは事実で、早期の信頼回復を世界中の人間が求めている状況です。

  • 提携銀行:日本円での入金不可
  • ビットコイン売買手数料:0.15~0.25%
  • 取扱通貨:Bitcoin、他63種

まとめ

いかがだったでしょうか。

取引所と言っても、その特徴や手数料によって大きく質が変わってきます。利用する側、つまり私たちが何を求め、そしてどこまで時間をかけれるか。

単に、ビットコインだけ欲しいのであれば、日本語のサポートがあり手数料の安いところを使うに越したことはありません。しかし、自身で調べた上で期待できるコインを見つけたなら、そのコインを扱っている取引所を利用しなくてはいけないですね。

基本的に、海外の取引所はメールアドレスだけで口座を開設できますから、色々と中を覗いてみるのも面白いかもしれません。

何気に購入したそのコインが、数年後に数倍になることだってあり得るのが、暗号通貨の世界ですからね。

BTCAGEの更新情報や勉強会の情報を受け取る

友だち追加
ビットコイン セミナー
Bitcoin チャート ツール
BTC1000のLINE@
ビットコインの基本・基礎
ビットコインを使う
ビットコイン投資

BTCAGEの更新情報や勉強会の情報を受け取る

友だち追加
ビットコイン セミナー