Use Bitcoin

ビットコインの使い方

ビットコインを得る方法は「ビットコインを購入する」でお伝えしましたが、ここでは得たビットコインの主な使い方について見ていきましょう。

 

カードにチャージする

日本国内で最も多く用いられている方法でしょうか。

取引所等で得たビットコインを、専用のカードに送金して使用する事が可能となる方法です。専用のアプリ等を使用して、自身のウォレットから簡単に送金する事ができます。

いわばビットコインで行うデポジットカードです。

残高や、履歴、使用店舗などをリアルタイムで確認できるため非常に使い勝手がよく、最も身近にビットコインを利用できる方法の一つでしょう。

国内では円建てでチャージできるバンドルカード、国外ではドル建てやユーロ建てができるWirexカードが多く使われています。

 

アイテムやギフト券との交換

取引所で得たビットコインを、そのまま使用する事も可能です。

国内の取引所では、ビットコインで様々なアイテムやギフト券などと、交換できるサービスを展開しています。

大手ビットフライヤーでは、Amazonギフト券やブランド品などとの交換ができ、さらに決済もボタンひとつでできるため、非常に分かりやすく簡単にビットコインを使用する事ができます。

 

ビットフライヤーに保有してあるビットコインでの決済になるので非常に便利ですが、都度、相場に応じてレートが変わり商品価格は変動します。

リアル店舗で使う

現在、猛烈なスピードでインフラが進むサービスです。

国内でもビックカメラなど、大手がビットコイン決済を可能とし話題になりましたが、着々とビットコインが利用できる店舗は増えています。

カードにチャージして使用する方法と大きく違うのは、余計な手数料を省き、ダイレクトにビットコインの送受信のみでお買い物ができる点です。

より「お金」としての位置付けに近い方法でしょう。

 

具体的な使用の流れとしては、、

取引所でビットコインを購入→自身のウォレットへ送金→店舗で自身のウォレットからお店側へビットコインを送金。

(ビットコインウォレットの作成方法は→こちら

 

この方法で、物を実際に購入したり食事をする事ができます。

では、実際に世界中でビットコインを利用できる場所を見てみましょう。
Coin mapではビットコインの使用可能店舗を確認する事ができます。

 

 

赤く表示されているほど、ビットコイン利用可能店が多いことになります。図をみるとアメリカ、ヨーロッパでのビットコインの需要がよく分かります。

では、日本国内はどうでしょう?

 

 

やはり東京、大阪に集中しています。さらに九州、北海道にまで範囲は広がっています。
このCoinmapは、非常に便利でポイントを拡大していくと使用ポイントの詳細を確認できます。

 

 

 

このように、ビットコイン利用店舗を簡単に探し出す事ができます。

「今日は現金がないから、ビットコインで食事をしよう」と言う日常は、もうすでに現実として行われているわけです。

 

銀行口座から日本円として出金する

ビットコインを実際の貨幣、現金と交換して得る方法です。

取引所にて手持ちのビットコインを売却し、日本円にした後、指定口座から出金する事ができます。
その際必要となる手数料は、出金額に応じて変わります。ビットフライヤーでは216円〜756円の手数料となっています。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

今回の記事でも分かるように、思った以上にビットコインの需要が増え、並走してインフラがしっかり整ってきている印象ですね。

改正資金決済法での法整備もされ、よりビットコインの安全性や知名度が加速しています。

自身の状況や、環境によってビットコインの使用方法は様々ですが、もはや可能性ではなく現実として簡単に使用できる時代です。

的確な情報を得て、安全なビットコインライフを過ごしましょう。

BTCAGEの更新情報や勉強会の情報を受け取る

友だち追加
ビットコイン セミナー
Bitcoin チャート ツール
BTC1000のLINE@
ビットコイン投資
ビットコインの基本・基礎
ビットコインを購入する、買う